カテゴリー : 未分類

大ジャングル展 【だいじゃんぐるてん】

株式会社鳴美の主催で2007年7月14~16日に東京・大手町の通信総合博物館(ていぱーく)で行われたアジアアロワナと古代魚の展示会

全国のアロワナ専門店自慢のアジアアロワナが展示販売された他、麻酔手術の実演、コンテスト、絵画や写真販売なども行われた。

大ジャングル展の開催を記念して記念切手も発売された。


第一鱗框 【だいいちりんかく】


アジアアロワナの鱗の一番外側にある細い線

鱗の発色はこの部分から始まる。

第一鱗框のみで発色が止まる事は無く、成長に伴い内側に発色が進んでくる。
通常は25~35cm位の若い個体がこの様な状態を経て、さらに色彩を変化させる。


青みの強い過背金龍藍底)などはこの状態の時が一番青く見える。

紅龍、過背金龍ともに細框とも呼ばれる事もある。


双頭 【そうとう】


頭が2つで身体が1つのアジアアロワナ

奇形であるが極まれに産まれてくる。
15cm以上に成長する事は無くそれまでに死に至る為、輸入されてくる事は殆どない。

自力で泳ぐ事が出来ないが、は待ち構えて食べる事が出来る。