カテゴリー :

ワシントン条約 【わしんとんじょうやく】


絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約。
Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Floraの頭文字を取ってCITESと呼ばれる。

アジアアロワナもCITESに属するが、養殖個体にのみ例外が適用され商業目的での輸入販売、飼育が許可されている。

アメリカのワシントンでの会議で作られた法律であるが、そのアメリカはアジアアロワナを飼育できない。

日本で飼育する際には、自然環境研究センターの希少野生動植物種登録票が必要になる。
輸入には日本の経済産業省と輸出国の輸出許可が必要になる。


ワイルド 【わいるど】

自然界での採取個体を指す。

現在アジアアロワナの天然採取は国際法で規制されており、基本的には捕獲販売する事が出来ない。