カテゴリー :

塩 【しお】


日常生活でも馴染みのある「塩」だが、熱帯魚飼育では塩浴という病気の予防や治療などに用いられる。
飼育水に適量の塩を入れ塩浴することで、殺菌効果や寄生虫の駆除を期待できる。

使う塩は基本的になんでも問題ないが、味塩や塩コショウなどの塩以外になにか別のものが入っているものは使用しないこと。
砂糖も不可。


証明書 【しょうめいしょ】


アジアアロワナ養殖場が発行する生産証明書

個体の品質などを保障するものではなく、あくまでも「この個体を生産した養殖場です。」と言う意味合いの物。
最近では殆どの養殖場が独自の証明書を用意し出荷している。

自然環境研究センターが発行する登録票とは異なり、アジアアロワナの譲渡、販売などに無くても差支えが無い。

英名「Certificate of Identity」


上部濾過槽 【じょうぶろかそう】

水槽の上部に乗せるタイプの濾過槽

レイシーのRFシリーズが大型魚飼育の定番アイテムである。


ジャカルタ 【じゃかるた】


インドネシアの首都

アジアアロワナカリマンタン島、スマトラ島、スラバヤなどの養殖場より、国内線でジャカルタに運ばれ、国際線に積み替えられて輸出される。

カリマンタン島のポンティアナやスマトラ島のプッカンバルにはここからさらに1時間半程かかる。

最近では多くの養殖場がジャカルタにストックルームを持ち、輸出時のアジアアロワナへのストレスの軽減を行っている。


シンガポール 【しんがぽーる】

シンガポール国旗

貿易が盛んな東南アジアの小さな国シンガポール

立地と治安の良さからアジアアロワナ貿易の中心的な役割を果たしている。

シンガポールにもアジアアロワナ養殖場が数多くある。


人工孵化 【じんこうふか】

オスから取り出し卵の状態から人工的に孵化させる事。

通常は孵化器などを用い、アジアアロワナのオスの口に似せ孵化を促す。