カテゴリー :

アルビノ 【あるびの】


先天性色素欠乏症でメラニン色素が欠乏した突然変異種の事

一般的には身体が白く、目が赤くなり通常の個体よりも高額とされ、アロワナを含む多くの熱帯魚や爬虫類、哺乳類、両生類で発生する。
自然発生の確率は100万分の1以下であると思われるが、正確な確立は定かではない。

アルビノがきちんと固定され、確立したグッピーなどはRREA(リアル・レッド・アイ・アルビノ)とも呼ばれる事が多い。

ブドウ目と呼ばれる目が紫色に近い個体も居るが、これもアルビノである。

また、アルビノの遺伝子を持った外見上ノーマル個体の黒目の事をヘテロと呼ぶ。


アメリカ 【あめりか】

アメリカ国旗
説明するまでもなく、United States of America。USAである。

ワシントン条約によってアジアアロワナの飼育や取引が禁止されている。

日本では合法にワシントン条約でアジアアロワナを飼育できるが、発祥の地アメリカで飼育出来ないのはなんとも皮肉な話である。

しかし、こっそりカナダからアジアアロワナが入っているとかいないとか・・・。

今後アジアアロワナが解禁されるとの噂は飛び交っているが、東南アジアからアメリカへの輸送時間は大きなリスクになる。
アメリカの華僑の人達もこの解禁を待ちわびている。


アロワナ【あろわな】

一般にはシルバーアロワナブラックアロワナノーザンバラムンディースポッテッドバラムンディーアジアアロワナのすべてを指す名称である。

しかし、ここではアジアアロワナの事を「アロワナ」と呼ぶ事にしていますので、ご了承ください。

ナイルアロワナもいますが、あれは名前だけのアロワナですので、お間違いなく・・・・。
スッポンモドキなどもスッポンじゃないのと同じでアロワナモドキみたいなものですね。


アジアアロワナ【あじああろわな】

ワシントン条約によって国際的に保護された東南アジアに住むアロワナ
華僑の人たちによって観賞魚としての価値を見出され、世界的に人気の熱帯魚となった。

基本的には紅龍過背金龍紅尾金龍青龍バンジャールレッドの4種に別けられる

赤、金と種類により様々な色に発色し、風水で幸運と金運を呼ぶと信じられた。
形が龍に似ている事からも「龍魚」と呼ばれ多くの人達に愛され続けている。

水槽飼育で最大60~70cmに成長するので、飼育コストは他の熱帯魚の比ではないが、立派に成長した姿は誰もを魅了する最強のアロワナ

輸入には輸出国、輸入国への事前申請が必要でこの書類の事を一般にCITES(サイテス)と呼んでいる。


アクアリーダー 【あくありーだー】


マレーシア
のジョホールバルにあるアジアアロワナ養殖場
正式名所は「Aqualeder Aquarium corp Sdn Bhd」で、中国名は「立達水族股份有限公司」である。

過背金龍を中心に紅龍紅尾金龍バンジャールレッドグリーンアロワナなどを養殖しているが、アピストやベタなどの養殖も行っている。

特に過背金龍のレベルは高く、アクアリーダーが長年品質向上に力を入れてきた結果である。


アロファイル 【あろふぁいる】


ピーシーズの発刊するアロファイルはアジアアロワナの種類別の専門書である。

NO1.スーパーレッドアロワナが発売されていて、NO2はゴールデンアロワナの予定であるが発売日は未定である。