第一鱗框 【だいいちりんかく】


アジアアロワナの鱗の一番外側にある細い線

鱗の発色はこの部分から始まる。

第一鱗框のみで発色が止まる事は無く、成長に伴い内側に発色が進んでくる。
通常は25~35cm位の若い個体がこの様な状態を経て、さらに色彩を変化させる。


青みの強い過背金龍藍底)などはこの状態の時が一番青く見える。

紅龍、過背金龍ともに細框とも呼ばれる事もある。