紅尾金龍 【べにおきんりゅう】

インドネシアスマトラ島に生息する本種は別名「インドネシアゴールデン」「スマトラゴールデン」「RTG」とも呼ばれている。

金色に染まり、尻尾が赤い事からこの名前がついた。
背中には金色の発色は見られず、黒いままである。

価格が安く落ち着いてきている事から、アジアアロワナ入門種して人気も高い。
過背金龍と交配させた、上がりの良い高背金龍なども分類としては紅尾金龍に入る。

純血の紅尾金龍は金色が濃く、背中も黒々としていてマニア好みで人気が高い。